【オリジナル真空成形品】おめん・インクジェット3D成形・雑貨・ブリスター

真空成形に限らずプラスチックの成形加工は、初期費用にそこそこのお金がかかる。一誠技工舎は大きくもなく、設備も並。時には使えるものは使って、費用をけちる。それをお客様に還元するのだ。そんな姿勢だから、十割の出来を理想とはしていない。八割を目指している。一誠技工舎の手抜きがどんなものか、是非体験してほしい。
腹部をスキャン腹部立体ポスター(全体)腹部立体ポスター(拡大)
世間では、身体形状の3Dデーターが販売されている。が、商用となるととても高価で、サンプル製作ごときでは手が出ない。なので頼む。ちょうど競技を引退した学生が知り合いにいた。‘ 太る前に取らせてくれ ’。力技の競技ではないため、胸筋が薄い。マッチョにかつ斜めに向けてデーターをいじり、削り出して型作成。そしてインクジェットで出力したものに合わせる。こんな感じ。何でも使う。造形の中だけでも、変身してみたい。お金はかけたくないから、難しいことは基本しない。それでよければ、是非問い合わせを。
3Dデーター3Dデーター加工鍛えるポスターに
男性のようにはいかない。苦肉の策で、マネキンをポチった。スポーツウエアーを通販で購入。データー取り。大いにいじる。画面の中でエクササイズしてもらう。身なりも腹筋も。おかしなやつと思われようとやれそうなことは試す。‘ こうじゃなければダメ ’と言われると辛いが、‘ こんなイメージならよい ’という課題なら、この型の作り方もありだと思う。
革ジャン3Dデーター革ジャン実物3D革ジャン完成3D革ジャンを着てみる
やっと完成。ヒダヒダの服では無理だが、革ジャンのような ‘固形物’ 的素材ならばきれいにスキャンできる。画像を出力したものと型とを成形合わせする。修正を重ねて、3Dポスターとして完成したのが三枚目。モノクロで出力し、ビンテージ風にしてみた。細かくみれば現物とは違う。印刷合わせなんてそんなものだ。一目みて ‘おっ!’ と思させることができるかどうかが勝負だと思っている。実物(俺の)よりもかっこよくなった。この質感はいいぞ。3D印刷成形加工、一誠技工舎は、おめんだけじゃないのだ。

革ジャンの出来にほれぼれしていたら、着たくなった。もちろん拡大・合成ではあるが。プラスチック材の規格にはセル判というサイズがある。少し無駄にはなるが、このサイズの材料とインクジェットを組み合わせるとA1に近いサイズの印刷成形品が小ロットで作れる。大きいだけに初期費用はばかにならないが。・・・けど、なんど見てもいい。
このページは、わたしたち、一誠技工舎がみなさまにとって、はたしてメリットのある会社なのか、否かをまず想像して頂こうと作成したページです。もう少しお付き合い頂けるならば、最後下までご覧ください。‘早く、詳しく’と思って頂けたならば、ここから本ページにお進みください。ここまでご覧いただき、ありがとうございました。
オリジナル真空成形品/一誠技工舎へ
初めて3Dスキャナーを手にした時に、おめん以外に是非作ってみたいと思ったものが一つある。チョコレートを流し込むための成形品である。プレゼント用チョコが、すぐに頭に浮かんだ。実はこの成形品作りはすでに仕事として受けている。この金額はよほどのことでない限り、学生には出しづらだろう。浮かんだのは働く女性。男性ではない。顔を覚えてもらうのにどうだろうか。営業ツールとして、女性からもらって嫌な気持ちはしまい。美味しいし。それにしても出せるサンプル画像に、女性のものがないのが寂しい。
オリジナルチョコレート流し用真空成形品オリジナルチョコ流すオリジナルチョコ販売中オリジナルチョコ完成
お客様からの要望。‘ろう細工の食品見本の代わりをもっと簡易的にできないか。売り場に取り付けたい。数も予算も少ない。’。 考えるより実行。コンビニで湯煎で温めるハンバーグとカット野菜を買ってくる。気の利いた皿がなかったので、ソーサーで代用。盛り合わせる。この間、30分ほどか。そのままスキャンして型用のデーターに修正・変換したものが真ん中。合成紙をひっぱり出してきて家庭用プリンターで出力・成形。提案出し程度、実現場を担当する営業さんの個人ツールとしては使えると思う。
身近な素材を使ってみる3Dデーターから切削データーへ簡易的な印刷成形品
皆様はわたしたちを何屋だと思われるだろうか?おめん屋?そう皆様はおっしゃる。しかしそれは、残念ながら間違いである。冒頭にもしっかり書いている。当社はブリスターを始めとする容器や立体ポスターなどディスプレイ類を製造する、ごくごく普通の真空成形屋なのだ。「真空成形型 作製費用の節減提案」なる、真っ当な提案もさせていただいている。ある型屋さん(実名を出しても構わないが)はいう。‘いっせいさんの透明の成形はきれいだ。’ 眉唾と思われる前に、是非一度作らせてみてほしい。当社の手抜き加減が一番分かるかもしれない。念のためにお話しする。 
オリジナル真空成形品/一誠技工舎へ
申し訳ない気持ちで電話を切ることがある。予算が全くないオリジナルのおめんの問い合わせがそうだ。特に切ないのは、幼稚園の先生や保護者の方からのお電話。ならばこちら持ちで作ってしまおうと始めたのが、このお店。採算が全くあっていないから、本型も作らない。木型でほぼハンドメイドで作っている。何かのお役に立てればと思う。
yahooショップ・おめんこうしゃ
費用を抑えて実写面をより使って頂こうと、「簡易実写面構想」をここでぶちまけた。検証を続けた。画像左は、実写面完成品。中央は、簡易実写面用に作った男性Mサイズのもの。この型に実写面に使用した画像データーを合わせてみたものが右画像。想像以上にイメージが異なってしまった。製作を希望されるお客様には、正面からのシュミレーションだけはお見せできる。あくまでの平面での確認となってしまうのだが。それをもって、お客様に製作をするや否やの判断をゆだねるのは酷だと考える。    (~続き)
実写面簡易実写面テスト型簡易実写面テスト
簡易実写面用に造ったベース型の、別の利用法も考えた。今回提案するのは、名付けて「キャンバス・エフ」。自由にデザインして欲しいと願って命名した。用意して頂いた絵柄データーをインクジェットで出力し、お選びいただいた保有キャンパス型に後成形で合わせる。このやり方ならば、オリジナリティーを入れながら費用を抑えられる。(~続く)
出力データーcanvas-fあっかんべー
真空成形にかぎらず、プラスチックの成形加工は初期費用にそこそこのお金がかかる。一誠技工舎は大きくもなく、設備も並。時には使えるものは使って、費用をけちる。それをお客様に還元するのだ。そんな姿勢だから、十割の出来を理想とはしていない。八割を目指している。一誠技工舎はそんな会社である。

このページは、当サイトのトップページではありません。わたしたち、一誠技工舎がみなさまにとって、はたしてメリットのある会社なのか、否かをまず想像して頂こうと作成したページです。‘より詳しく’と感じて頂けたならば、このまま本ページにお進みください。ここまでご覧いただき、ありがとうございました。 
オリジナル真空成形品/一誠技工舎へ


一誠技工舎製
ローエンドでもハイエンドでもない初めての真空成形品へのエントリー工場になります。
メールでお問い合わせ電話でお問い合わせ当社へご案内スカイプでお問い合わせつぶやきへ動画へブログへ
  1. トップへ
  2. 1へ2へ

会社概要
Copyrite(c)2001-2016 Isseigi.co.jp All right reserved .