【オリジナル真空成形品】おめん・インクジェット3D成形・雑貨・ブリスター

3
真空成形に限らずプラスチックの成形加工は、初期費用にそこそこのお金がかかる。一誠技工舎は大きくもなく、設備も並。時には使えるものは使って、費用をけちる。それをお客様に還元するのだ。そんな姿勢だから、十割の出来を理想とはしていない。八割を目指している。一誠技工舎の手抜きがどんなものか、是非体験してほしい。
写真から3D(元画像)写真から3D(surface)写真から3D(surface2)写真から3D(印刷成形品)
実写面の製作は、実際のお顔の3Dスキャンから始まる。これは、当社にきて頂く事としている。‘写真からでは出来ないか?’というお問い合わせを頂く。遠方のお客様、スキャン自体NGのお客様がいらっしゃる。それでも基本は、‘スキャン前提’としている。何故なら、似ないから。微妙な形状は、写真からではやはり想像が及ばない。これはテスト。実際のお面を写真にとって、面を貼る。実物を観察しながら行ってもこの程度。加えて時間がかかりすぎる。現時点では、仕上がりと費用面から‘スキャン前提’と言わざるを得ない。
金蒸着成形品出力済みパネルセットするポスター完成
立体ポスターは、紙製に比べて作るのにお金がかかる。生産費用もそうだが、初期費用が全く違う。オリジナル・小ロットとなれば、正直かなり覚悟して頂かなくてはならない。
ならば、‘セミ’オリジナルならどうだろう。パネルをくり抜き、成形品を裏からはめる。成形品は既成のものを使って頂くことになるが、パネルのデザインは自由である。(~続く)
このページは、わたしたち、一誠技工舎がみなさまにとって、はたしてメリットのある会社なのか、否かをまず想像して頂こうと作成したページです。もう少しお付き合い頂けるならば、最後下までご覧ください。‘早く、詳しく’と思って頂けたならば、ここから本ページにお進みください。ここまでご覧いただき、ありがとうございました。
オリジナル真空成形品/一誠技工舎へ
悔しい思いをした。アイドルグループに面白いお面を作られた。本来、こういうモノは自分たちが思いつき作らなければならない。・・で試してみた。使えるものは使ってである。生産をしているひょっとこ面の成形型から取った3Dデーターに自分の顔のデーターをはめ込みなじませる。確かに手間はかかるが、原型作りを外に出さずに済む。あとは削って成形して色を吹いて・・・なのだが、今日のところは画像処理までにしておく。持ち駒を使えば、実写風○○お面のバリエーションが増えそう。待ち受け画面にも使えるな。
元顔ひょっとこ型3Dデーター合体実写風ひょっとこお面
冒頭申した通り、プラスチックの成形加工には初期費用がかかる。それはお面でも同様。多くはないが、実は一誠技工舎では‘紙’のお面も作成している。印刷も初期費用はかかる。が、成形の比ではない。実写のおめんの場合ご希望があれば、少し手も加えさせて頂いている。ちなみに左から50歳の私。肌をスムースした私。整形を加えた私。そして四枚目が立体感を加えた私のお面。私が短時間でできる範囲でならば、画像の修正費用は頂いていない。成形屋がいうのも何だが、ご予算によっては紙のお面も大ありだと思う。
紙のお面(元画像)紙のお面(少し若く)紙のお面(整形)紙のお面(完成)
皆様はわたしたちを何屋だと思われるだろうか?おめん屋?そう皆様はおっしゃる。しかしそれは、残念ながら間違いである。冒頭にもしっかり書いている。当社はブリスターを始めとする容器や立体ポスターなどディスプレイ類を製造する、ごくごく普通の真空成形屋なのだ。「真空成形型 作製費用の節減提案」なる、真っ当な提案もさせていただいている。ある型屋さん(実名を出しても構わないが)はいう。‘いっせいさんの透明の成形はきれいだ。’ 眉唾と思われる前に、是非一度作らせてみてほしい。当社の手抜き加減が一番分かるかもしれない。念のためにお話しする。 
オリジナル真空成形品/一誠技工舎へ
申し訳ない気持ちで電話を切ることがある。予算が全くないオリジナルのおめんの問い合わせがそうだ。特に切ないのは、幼稚園の先生や保護者の方からのお電話。ならばこちら持ちで作ってしまおうと始めたのが、このお店。採算が全くあっていないから、本型も作らない。木型でほぼハンドメイドで作っている。何かのお役に立てればと思う。
yahooショップ・おめんこうしゃ
昨年末につぶやいた ‘猫のお面に色を着けた。嫁さんに絵を描いてもらった。これをどう製品まで持っていくか、頭が痛い。上手く描き過ぎだよぉ。’ あれから、み月と半。進行はカメのごとく。作り方は印刷合わせ。手書き、塗装は無理。元のお面を撮影し、画像を型に合わせて行く。最終的にはインクジェットで出力した。これだけ高さ(=厚み)があるものを合わせたことは今までにない。やっとここまできた。左二つは本機械出力。右は社内出力。社内出力は伸縮だけをみるだけ。あごや目に手を入れるとこんな感じ。

そうそう、一誠技工舎はしょっちゅうインクジェットを使う。その利点として校正にかかる費用(予備材料・出力費・版代)がオフセット印刷のそれに比べ格段に安いことを一番に
あげる。加えて以前では考えられなかった、本生産として数十枚単位の立体印刷成形を行うことができる。今年になって、A1サイズの3Dポスターを40枚納めさせて頂いた。
ねこお面の製作報告
絵柄と形状が合うまでには費用と時間がかかる。元はXYしかなかった原稿にZを加える。そのZをどっかからもってこなくてはいけないのだから。高さ(=Z)があればあるほど尚更だ。本機校正などでやっていたら、いくらお金があっても足らない。このテスト用絵柄出しを一誠技工舎はケチりまくる。何の変哲もないプリンターで出力する。それ、電気屋さんで売っている。変哲もないからA3までしか出力できないし、色もよくない。しかし一番重要な伸縮を確認できる。必要ならこの後に本機校正。こんな枚数、大変だもの。
テスト用出力
真空成形にかぎらず、プラスチックの成形加工は初期費用にそこそこのお金がかかる。一誠技工舎は大きくもなく、設備も並。時には使えるものは使って、費用をけちる。それをお客様に還元するのだ。そんな姿勢だから、十割の出来を理想とはしていない。八割を目指している。一誠技工舎はそんな会社である。

このページは、当サイトのトップページではありません。わたしたち、一誠技工舎がみなさまにとって、はたしてメリットのある会社なのか、否かをまず想像して頂こうと作成したページです。‘より詳しく’と感じて頂けたならば、このまま本ページにお進みください。ここまでご覧いただき、ありがとうございました。 
オリジナル真空成形品/一誠技工舎へ


一誠技工舎製
ローエンドでもハイエンドでもない初めての真空成形品へのエントリー工場になります。
メールでお問い合わせ電話でお問い合わせ当社へご案内スカイプでお問い合わせつぶやきへ動画へブログへ
  1. トップへ
  2. 1へ3へ

会社概要
Copyrite(c)2001-2016 Isseigi.co.jp All right reserved .