【オリジナル真空成形品】おめん・ディスプレイ・雑貨・ブリスター

当社としては積極的に‘簡易実写面’をお奨めすることはしない。それでも可能性にかけて製作を希望されるお客様に対しては、生産枚数や費用のご相談には乗りたいと思っている。・・・・・・景気の良いことを言ったわりにだらしない結果となり、皆様にはまことに申し訳ないのひと言である。
しかしこの検証過程を糧にして、新たな提案をさせていただきたい。方向は変わるが、初期費用の負担を軽くしたいという方針は変えたくない。
実写面の生産を始めた。好評生産中と言いたいところだが、それほどでもない。1ロット100枚に設定しているが、その枚数に対して初期費用が重いからだと判断。判断したからには、動かねば。男女各々3パターンの型を用意する。ちなみに上の三つは女性用。その中から自分に適当だと思うものをお客様に選んでもらうのだ。これで初期費用はかなり軽減される。実写の再現性を犠牲にして、費用を取る訳だ。・・・とぶちまけた。型も作成してみた。が結論から言うと、考えるべき点が多かった。次の画像を見て欲しい。
実写面簡易実写面テスト型簡易実写面テスト
画像左は実写面完成品。中央は簡易実写面用に作った男性Mサイズのもの。ちなみに型の種類は各々幅違いでS/M/Lの三種とした。この型に実写面に使用した画像データーを合わせてみたものが右画像。想像以上にイメージが異なってしまった。皮膚は同じでも、骨格がことなるとこうなるということだろう。実写の再現性と費用を天秤にかけ、お客様がどう判断するか。製作を希望されるお客様には正面からのシュミレーションだけはお見せできる。あくまでの平面での確認となってしまうのだが。こんな感じに。
簡易実写面元画像簡易実写面シュミレート実写面元画像実写面シュミレート
左二枚の画像は、テスト用に作成したイラストを女性用Lサイズに合わせてみた画像。平面だけで見るうちは、イメージは変わるがそれなりのような気がする。右二枚の画像は、前述の男性Mサイズに実写面の元々の顔写真を重ねたものだ。上段右端の実際に成形して合わせたものと画像だけでシュミレーションしたものとを比べてみて欲しい。凹凸が加わるとなお印象が変化するのがわかる。中には当社で用意したベース型にフィットされるお客様もいらっしゃるだろう。しかしそれは結果で、判断はしづらく奨め難い。
原町サインありがとうございます。

さて、
ベース型(F1-S)ベース型(F1-M)ベース型(F1-L)
簡易実写面用に造ったベース型の別の利用法を考えた。考えようでは、実写面よりもお客様が使いやすい方法があるはずだ。まずベース型について説明する。現在大きく分けて4種。その中3種に幅のサイズ違いがある。S/M/Lとした。上3画面はF1型。一応女性を意識して造った形状である。左から、F1-S・F1-M・F1-Lと呼んでいる。Mを土台として幅方向に拡大縮小をかけて違いを出しているだけだから、顔のつくりはさほど変わらない。天地は共通約200㍉、高さも共通約50㍉、幅だけが135、140、145㍉となる。
ベース型(FE-S)ベース型(FE-M)ベース型(FE-L)
そしてこれ。実は最初に作ったのがこの型。これも女性を意識した。自分の好みが入り過ぎて‘卵型’となってしまった。だから呼び名も、FE-S・FE-M・FE-L。Eはエッグなのだ。
ベース型(M1-S)ベース型(M1-S)ベース型(M1-L)
これは男性を意識して造った。M1-S・M1-M・M1-Lと呼んでいる。いろいろな画像を重ねて試して感じたが、「意識して」というのはあまりこだわらない方が良いのかもしれない。この型を女性として使っても、問題はないだろう。特に実写面のように画像と言う皮膚で覆ってしまう場合は。例えは悪いが、骨で男女は見分けづらいのと同じでは。
ベース型(MB-M)TV小道具
これは今回あらためて造った型ではない。実はこの型の使われ方が今回の有効利用のヒントになった。白材料に色付けをしたものをこの型で後成形、仮面のようにして使った。テレビの小道具として。MB-Mと呼んでいる。右の画像はその完成品だが、うっすらとしかお見せすることができないのが残念である。なので、一つイメージを作る。
出力データーホワイトベースあっかんべー

今回提案したいのは、名付けて「キャンバス・エフ」。自由にデザインして欲しいと願って命名した。用意して頂いた絵柄データーをインクジェットで出力し、お選びいただいたキャンパス型に後成形で合わせる。なるべく平らな部分に、ワンポイント的に色をのせることを目的としている。凹凸のある部分や複雑な絵柄だとデーターの修正を重ねなければいけなくなるため、費用がかさむ。元々の趣旨に反してしまうので、原則NGにしたいと考えている。ロットは50枚、費用は簡単なデーターの修正からゴムひも付けまでを含めて、100,000円(税抜)~。目の穴は別費用、それも既存●穴だけとする。費用は仕様によって変わるので、お問い合わせ頂きたい。「キャンバス・エフ」である。
実は、
次の課題
次の検討課題に着手する。‘より簡易的、より費用をかけずに’を求めて。ここでうそぶくことが、お客様の利益になると信じている。できる限り早く、結果をご報告するつもりだ。
  1. トップページ

会社概要
Copyrite(c)2001-2018 Isseigi.co.jp All right reserved .